アドボケートの副作用を知ってから通販で購入しよう

愛犬のイメージ 医薬品には、どのようなものにも効果と副作用の両方があります。

フィラリア予防薬やノミダニ駆除薬、寄生虫駆除薬も例外ではなく、愛犬や愛猫に投与もしくは滴下する際は副作用に注意しなくてはなりません。

アドボケートにも効果と副作用の両方があり、場合によっては副作用があらわれてしまうことがあります。

副作用によって引き起こされる症状の中には、最悪の場合、ペットの命に関わるような危険なものもあります。

 

アドボケートは安全性が高い医薬品のため、副作用は少なく作られています。

しかし、あくまでも少ないというだけで副作用が絶対にあらわれないということではありません。

特に通販でアドボケートを購入した場合、通販のアドボケートを使って何らかのトラブルや副作用が起きても飼い主の自己責任になってしまいます。

動物病院でアドボケートを処方してもらったときのように、獣医師に責任をとってもらうことはできません。

そのため、通販のアドボケートを使うときは、特に副作用に注意しながら使わないといけません。

 

どのような副作用があるのか知ることは、通販のアドボケートを安全に使うためにも外せません。

副作用があらわれた場合、どういった症状がみられるのかを知っておけば、アドボケートを滴下したときに副作用があらわれてしまっても速やかに対処できます。

何かあっても自己責任になってしまうからこそ、アドボケートの副作用を頭に入れ、実際にあらわれてしまっても慌てずに対処できる状態にしておきましょう。

 

通販のアドボケートの基本的な副作用

アドボケートの副作用のうち、主に報告されているのは流涎や嘔吐です。

皮膚に薬液を滴下して使用するため、滴下部位への一過性のかゆみや脂性被毛、紅斑などの皮膚や被毛に関する症状があらわれることもあります。

また、ごくまれに無関心状態や興奮、食欲不振などの行動や食欲の変化がみられる場合があります。

行動や食欲の変化がみられる確率は、他の症状と比べて極めて低いですがアドボケートを滴下したあとにこのような変化がみられた場合は副作用の可能性を疑いましょう。

 

滴下部位が完全に乾く前に薬液を舐め取ってしまった場合、まれに運動失調や全身性の震え、散瞳などがみられます。

瞳孔反射の微弱化や眼振、異常呼吸などの神経徴候もみられますが、これは一過性の症状です。

時間の経過とともにだんだん症状が落ち着いていくので、ご安心ください。

 

アドボケートの滴下後、ご紹介したもの以外で副作用と思われる症状があらわれたときは、まだ確認されていないアドボケートの副作用である可能性があります。

また、何らかの条件で症状があらわれた可能性もあるので、かかりつけの獣医師へ一度ご相談ください。

 

通販で購入する際はアドボケートの重篤な副作用に注意

愛犬のイメージアドボケートで主に報告されている副作用は、いずれも軽度の症状です。

滴下したあとにあらわれてしまっても、速やかに対処すれば愛犬や愛猫の健康に重大なダメージが入ることはありません。

しかし、ほかのフィラリア予防薬やノミダニ駆除薬、寄生虫駆除薬でもあるように、場合によっては重篤な副作用があらわれてしまうことがあります。

重篤な副作用があらわれる可能性は、主な副作用があらわれる可能性よりも低く、用法用量を守って使用していれば症状があらわれることはほとんどありません。

過度に恐れる必要はありませんが、絶対にあらわれないとも言い切れないため、重篤な副作用にも気をつけましょう。

コリー犬や一部の犬種でみられる可能性がある副作用

アドボケートは、特定の犬種に使用すると神経毒性を示すおそれがあります。

具体的には運動失調や筋肉の震え、四肢の不全麻痺などの症状があらわれる可能性があります。

コリー犬やオールド・イングリッシュ・シープドッグ、およびその系統の犬種でみられるおそれがあるため、該当する犬種にアドボケートを投与する際は注意しましょう。

これらの症状があらわれた場合、脳が医薬品の成分の影響を受けていると考えられるため、速やかに動物病院で適切な処置を受けましょう。

フィラリア症の犬に投与した場合の副作用

また、アドボケートはフィラリア予防薬としての効果があるため、フィラリア症の犬に滴下すると重い副作用があらわれます。

どのようなフィラリア予防薬でも注意しなくてはならないものですが、フィラリア症に感染した犬にアドボケートを滴下すると副作用としてショック症状がみられる危険性があります。

これは、体内で一度に大量のフィラリアの幼虫が死滅することで引き起こされる症状で、最悪の場合は愛犬や愛猫の命にも関わります。

ショック症状とまでいかなくても、血管中に潜んでいたフィラリアの幼虫が大量に死滅し、その死骸が血管に詰まってしまうこともあります。

血管に死骸が詰まってしまった場合も、放置していると命に関わる危険性があるため、速やかな対処が必要です。

愛犬や愛猫の命を守るためにも、アドボケートを使用する際はこれらの重篤な副作用があらわれないよう十分に注意しましょう。

 

もし通販のアドボケートで副作用が出たときは?

愛犬のイメージすでに軽く触れていますが、アドボケートの副作用はほとんどあらわれる心配がありません。

重篤な副作用があらわれる可能性はさらに低いですが、愛犬や愛猫の体質や健康状態によっては副作用が引き起こされてしまいます。

もしものときに備えて、アドボケートの副作用だけでなく、実際にあらわれてしまったときの対処法も頭に入れておくべきです。

 

アドボケートの副作用のうち、一過性のものは一時的にあらわれる症状です。

時間が経てば自然と収まっていくため、副作用があらわれても一過性のものであれば慌てる必要はありません。

ペットを安静な状態にして様子を観察し、もし症状が収まらなかったり悪化したりした場合は動物病院へ連れていきましょう。

一過性のもの以外の症状があらわれた場合も、速やかに使用を中止してかかりつけの獣医師の診察を受けましょう。

 

また、アドボケートで副作用があらわれたときは、ペットの体にアドボケートの成分が合っていないことが考えられます。

無理に使用を続けると症状を悪化させてしまうため、アドボケートの副作用がみられたときは使用を中止し、違う予防薬に切り替えてください。

 

副作用と対処法を知って通販のアドボケートを使いこなそう

アドボケートは、多くの犬や猫に安心して滴下できる優れた予防薬です。

副作用の心配も少ないのが魅力ですが、あくまでも心配が少ないというだけで全く副作用があらわれないわけではありません。

場合によっては流涎や嘔吐などの症状がみられるため、副作用があらわれた場合はかかりつけの獣医師へ相談し、診察を受けましょう。

 

また、ほかのフィラリア予防薬のように重篤な副作用も報告されているので、滴下する際はそういった症状にも注意が必要です。

アドボケートの使用中、もし何らかの副作用があらわれたときは一過性のものであれば様子を見て、症状がなかなか収まらなかったり悪化したりした場合は速やかに動物病院へ連れていきましょう。

何らかの副作用が出ているのに動物病院へ連れて行かず、放置するのは絶対にしないように気をつけましょう。

 

アドボケートにある副作用と一緒に適切な対処法を確認し、安全にアドボケートを使える状態にしてから通販でアドボケートを購入しましょう。