アドボケートの通販に違法性はない

通販を利用して購入する女性すでに触れているように、通販を利用してアドボケートを購入する方は増えています。

インターネットのサイトでも、個人輸入代行の通販でアドボケートを購入する方法を紹介しているところが多数あるので通販を利用する人数はこれからも増えることが予想されます。

しかし、飼い主さんの中には本当に通販でアドボケートを購入しても大丈夫なのか疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

日本ではフィラリア予防薬を手に入れたいときは動物病院に行くのが一般的とされており、動物病院以外の場所でフィラリア予防薬を購入するのは推奨されていません。

海外からフィラリア予防薬を購入するのは避けるように呼びかけている動物病院もあるので、通販でアドボケートを購入するのは悪い方法なのではないかと心配になっている方も多いことでしょう。

また、通販で海外から医薬品を個人輸入すること自体が法律で認められていないのでは?と不安になっている飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

こういった不安や心配に思っていることがあると、心から安心して個人輸入代行の通販を利用することができません。

より安心して通販でアドボケートを購入するためにも、個人輸入代行の通販に違法性はあるのかどうか簡単にですが説明します。

 

個人輸入代行の通販に違法性はない

通販の利用について考える女性違法性があるかどうかは、実際にアドボケートを購入する前に確認しておきたいポイントの1つだと思います。

多くの飼い主さんが気になっているであろうこのポイントですが、結論から先にいうと基本的に個人輸入代行の通販に違法性はありません。

そのため、通販でアドボケートを購入しても法律に違反したことにはなりません。

人間用のものであっても、ペット用のものであっても海外から何らかの医薬品を個人輸入するのは注文者本人が個人的に使うことを目的としている場合であれば法律で認められています。

そもそもの方法である個人輸入に違法性がないので、それを通販のような感覚で行える個人輸入代行の通販にも違法性がないといえます。

通販でアドボケートを購入しても、それが理由で罪に問われることはないので安心して利用することができます。

 

購入したアドボケートの扱いには注意が必要

個人輸入代行の通販では、法律で認められている方法を通販感覚で行うことになるので罪に問われる心配なく利用することができます。
しかし、個人輸入代行の通販そのものに違法性はなくても購入したアドボケートの扱い方を間違えると罪に問われる可能性があります。
そのため、通販で購入したアドボケートは扱い方を間違えないようにしなくてはなりません。

先ほども触れたように、医薬品の個人輸入は注文者本人が個人的に使うことを目的としている場合であれば法律で認められています。

しかし、注文者の個人使用の範疇を外れてしまった場合は法律に違反したことになり罪に問われてしまう可能性があります。

具体的には、通販で購入したアドボケートをほかの人に譲ったり販売したりすることがこれに当てはまります。

通販で購入したアドボケートを、ほかの人に譲ったり販売したりすると注文した人の手元を離れて第三者の手に渡ります。

つまり、注文者以外の人が通販で購入したアドボケートを使うことになってしまうので、注文者個人での使用という範疇から外れてしまいます。

また、ほかの人に頼まれて通販でアドボケートを購入して届いてから依頼してきた人に渡すのも同様に個人使用の範疇を外れてしまうので注意が必要です。

そのため、個人輸入代行の通販でアドボケートを購入した場合は必ず自分一人だけで使わなければなりません。

もしも通販で購入したアドボケートが余ってしまっても、誰かに譲ったり売ったりせずに一人だけで使い切るか破棄しましょう。